Objective-C が成功した理由

iPhone/iPad のアプリを作るために Objective-C の勉強をしているのだけど、これまで C++JavaActionScript を使ってきた自分にとっては、十分に変態言語でした...

文法的な気持ち悪さというのは、もういろいろなところで触れられているけど、「慣れ」を別にしても、最新のトレンドに沿っていないという点で、他の言語とは異質な存在であるとは思う。

自分の考える最新の言語トレンドというのは次のようなもの。

  • 言語であればガベージコレクタのある仮想マシン上で動くこと
  • UIであればXMLやHTMLのように宣言的に記述できること

Adobe FlexMXML + ActionScript)や MicrosoftWPFSilverlightXAML + C#/VB)は、この2つの特徴を持っているし、それ以外のスクリプト言語も1つ目の特徴は持っている。

Objective-CCocoa の組み合わせはこのどちらの特徴も持っていない点で、最新のトレンドからは大きく外れている。

ところで、最新の言語トレンドがこうなった理由を考えてみると...

  • ガベージコレクタにメモリ管理を任せることで安全にプログラミングできるようになった
  • 仮想マシン上で動かすことで環境に依存しないプログラミングできるようになった
  • 宣言的にUIを定義することで画面を簡単に設計できるようになった

といったメリットがあったからで、どちらかというと、リソースに余裕がある環境で大量生産のできる大富豪プログラミング的な開発環境が整ってきたのだと思う。

Objective-CiPhone で成功したのであれば、その理由はスマートフォンタブレットのようにメモリもCPUも限られた環境で、開発生産性と性能を両立させるのに向いている開発環境」だったから。
スマートフォンのような環境ではオーバーヘッドのある仮想マシンは不利だし、CPUやメモリ実装量がわかっているのであれば開発者がメモリ管理を意識したコーディングをすることにも意味がある。だから、C と同じレベルでプログラミングができて、オブジェクト指向も使える Objective-C のメリットが活きてくる。

一時期勢いのあった WebObjects は、Java の開発環境が整っていく中で JavaEE に対してのアドバンテージを失って淘汰されてしまったわけで、Objective-C + Cocoaスマートフォンの開発環境として生き残ったのは Apple にとってはラッキーだったのかもね。

詳解 Objective-C 2.0 改訂版

詳解 Objective-C 2.0 改訂版

BOP市場でのスマートフォン

iPhoneAndroidのシェア争いが話題になっているけど、たぶんiPhoneが絶対に勝てないのがBOP市場。
BOP は Bottom Of Pyramid の略でインドやアフリカのような開発途上国での年収3000ドル以下の貧困層のこと。そういった人々を対象としたビジネスが BOPビジネスとして注目されている。

そういった貧しかった人も携帯電話を持つようになって、開発途上国では携帯が普及しつつある。次に、その携帯電話のインフラを使ってスマートフォンが普及するようになると思う。それも今の先進国とは全く違う使われ方で普及すると思う。

先進国とBOP市場ではスマートフォンの意味が違う

スマートフォンを定義するのは難しいけど、おおよそ次のような機能をもつ携帯電話と言っていいと思う。

  • PCと同様にインターネット(Web、メール、SNS、地図)にフルアクセスが可能
  • インストールしたアプリで、何か(仕事、読書、音楽鑑賞、ゲーム)ができる

先進国の人にとってスマートフォンはモバイル環境用のサブマシン。たいていの人は家や職場や学校にPCがあるから、あえてPCではなくてスマートフォンを使うためのインセンティブ―「ぬるぬるな操作感」のような使いやすさ―が必要になる。

ところが、BOP市場の場合、スマートフォンは個人や家族にとって1台目のインターネット端末になる可能性が高い。それならば、多少の操作性の良し悪しよりも、「インターネットのコンテンツにアクセスできること」の方が重要になる。

BOP市場ではAppleは勝てない

Appleの戦略は、ずっと「プライスポイントを維持して、機能アップでお買い得感を出す」*1という戦略だった。iPhone 4 のときも Retinaディスプレイを搭載して機能比で安く見せても、価格そのものを下げることはなかった。低価格製品を出すときは、iPod shuffleiPad のように上位製品とは全く異なるジャンルで販売する。

だから、Appleは、これからも、低機能のスマートフォンを安く売るということはしないし、できないと思う。

だけど、BOP市場で必要なのは、使いやすくて値の張る製品ではなくて、使いにくくても安くてスマートフォントとしてのフル機能を持った製品になる。

スマートフォンOLPC(100ドルPC)の代わりになる?

インターネットにフルアクセスができること、WiFiを使えば維持費を安く抑えられるという点で、BOP市場向けのスマートフォンOLPC(One Laptop Per Child: 100ドルPC)のコンセプトと被る部分が多いと思う。

というわけで、BOP市場向けのスマートフォンのスペックを考えてみた。(海外ではインドでしか生活したことがないので、インド向けでイメージしてみた)

  • 解像度は 320×480
  • インセンティブなしで1万円程度の価格
  • プリペイド契約が可能
  • 標準バッテリーの容量は少なくてもいいけれど大容量バッテリーに交換可能
  • 基本機能(ブラウザ、メール、地図、音楽)のアプリはしっかりしている
  • OSのバージョンアップはなくてもいい
  • WiFiが使える

たぶん、こういったBOP市場を一番知っているのはノキアのような気がするけど...

iPadでBluetoothキーボード

iPadBluetoothキーボードで使っているので、自分のメモも兼ねてまとめてみた。実は、このBlogの下書きもiPadからBluetoothキーボードを使ってEvernoteで作成している。

便利なところ

やっぱりソフトウェアキーボードとは入力速度が全然違う。
MacではずっとJISキーボードを使っているので「英数」「かな」キーで日本語入力を切り替えられるのは便利。
Command+Cとかのショートカットキーが使えたり、カーソルキーで移動や選択ができるのも便利。

困ったところ

Macで(あるいはPCで)キーボードを使っているときと操作性が違うところがある。この「違う」っていうのが、微妙にストレスになる。

変換候補をESCキーで閉じれない

iPadiPhoneと同じで、日本語入力中に予測候補が表示されている。でも、予測候補を無視したいケースというのは多々ある訳で、そのときにESCキーを押しても、候補リストが閉じられない。


選択していない状態だったら、Returnキーで閉じられるのだけど、一旦どれかを選択してしまうと、何も入力しないでリストを閉じる方法が用意されない。Deleteキーや英数キーで閉じと、入力した文字が消えてしまう。

選択の区切りがShift+カーソルキーで変更できない

一度にたくさん入力して変換すると、変換の区切りがずれてしまうことがあるけれど、そのときにShift+カーソルキーで変換の区切りを変更できない。


ここらへんは、そのうち出るはずのiOS 4.2に期待かな。
あと、Apple純正Bluetoothキーボードが1台しかペアリングできないのも不便。

[asin:B003VUD5M6:detail]

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

昭和16年の夏の敗戦

前に読んだことがあったのに、2度買いしてしまった...
昭和16年、真珠湾攻撃の約半年前、総力戦研究所に集められた30歳代のエリートによる模擬内閣によるシミュレーションを描いたノンフィクション。模擬内閣が下した結論は「敗戦必至」だったにもかかわらず、日米開戦に踏み切った理由に迫る本。

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

石油備蓄と戦争遂行に必要な石油の数字のつじつま合わせがうまくいったことによって、最終的に開戦が決断されてしまう。
その場面で、当事者である海軍も含めて責任を持った判断がなされないことを、

決断の内容より"全員一致"のほうが大切だったとみるほかなく、これがいま欧米で注目されている日本的意思決定システムの内実であることを忘れてならない。

と断罪している。

実は、この本が書かれたのは1983年で、バブル景気の前。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』がベストセラーになったのは1979年なので、日本が調子が良かったときにあたる。

でも、この「日本的意思決定システム」は今も大企業や官公庁、政治の世界では一般的のような気がする。


ここで、本題とは外れて、個人的に気になったことのメモ。

内政の(予想外の?)安定

この模擬内閣はかなり実際の史実に近いシミュレーションを行うのだが、内政についてのコメントは少し的を外している。
例えば...
大和魂について、佐々木の

「そうはいっても、国民の納得しない戦争は続かない。あなたのような決意が国民一人一人あれば話は別だが、そうではないでしょう」

シミュレーション上での物資の輸送が絶望的なことがわかってから、

もはや戦いの勝ち負けはどうでもいい段階にきていた。それよりも研究生らが関心を抱いたのは国内対策のほうであった。

実際の終戦間際の佐々木の日記には、

遂に聖断下る。戦はここに終った。しかし今後国内において血が流れるであろう。

こういった予想と比べると、実際の国内統制は想像以上にうまくいった(うまくいってしまった?)のではないかと思う。

  • 戦時中の国民が困窮に耐えられたこと
  • 玉砕も含めた捨て身の戦術をとったこと
  • そして降伏後の武装解除がスムーズに行われたこと

どれも今の感覚では理解できない部分がある。

もし日米開戦を回避できたら...

「敗戦必至」がわかっていたにもかかわらず開戦を回避できなかったことが本書の主題。そこで、もし日米開戦を回避できたとしたら、その後どうなったのかを考えてみた。

本書を読み解く限り、昭和16年のタイミングでは、日米交渉の妥結のために、中国からの撤退と日独伊三国同盟による中立化が条件だったはず。
当時、スペインはファシズム国家であったけれど第二次世界大戦には参加せず、1975年まで独裁体制を保っていた。同じように中立国であったポルトガルも1974年のカーネーション革命まで軍事政権が続いている。おそらく、日本も中国撤退と中立化を受け入れていたら、スペインやポルトガルと同様に反共でやや親米的な軍事国家というポジションに収まったように思える。

でも、それが良かったとも思えない。

太平洋戦争がなければ、日本は、韓国と台湾を(さらに関東州や満州国も)植民地として保持し続けたと思う。でも、第一次世界大戦以降の世界のコンセンサスは「民族自決」であって、敗戦がなくても植民地を持ち続けることは困難になっていったのは間違いない。

一方で、敗戦がなければ、日本は植民地を保持することにこだわったと思う。
例えばフランスは、戦後も植民地にこだわってインドシナ戦争アルジェリア戦争のような泥縄を経験している。例えばの話だけれど、日本と韓国・中国の関係がフランスとアルジェリアのような泥沼の関係になっていた可能性もありうる。

植民地の負担や軍事費を考えると、高度成長はなかったかもしれない。敗戦を経験しない日本がどんな形で植民地の独立を認めるのか...と考えると史実とは別の意味で茨の道かもしれない。

デフレは必然

おそらく、伝染病や戦争、資源枯渇以外の理由で、人口が自然と減る局面というのを人類は経験したことがないと思う。

池田信夫 blog : デフレ脱却法案について

だから、デフレ克服がこれほど話題になっているのに、10年以上もデフレが続いていて、有効な対策がとれないのは、日銀が無策だからというより、人口減少局面に有効に機能する経済理論が見つかっていないからだと思う。

貯蓄率が経済成長に必要な理由

小宮一慶:日本の「家計貯蓄率」は世界最低水準 | BizCOLLEGE <日経BPnet>

例えば、日本の貯蓄率が下がっていることが問題視されることがあるけれど、今の日本で貯蓄率と成長って関係あるのだろうか?

日本の高度経済成長の要因の一つに、高い国内貯蓄によって投資が行われたことが言われている。そして、今の中国や東南アジアでも、国内貯蓄率は潜在的な経済成長力を測るパラメータとして使われている。

では、どうして経済成長と貯蓄率が関係したのか?

経済成長している国では投資が必要

経済成長している国では年々の需要も供給も増加するから、それを賄うために生産設備(=新しい工場)も増やす必要がある。そこで、新しく工場を建てようと思っている経営者がいるときに、その工場の建設資金を集められなかったらどうなるのか?
需要があるのに、必要な生産設備と供給が間に合わないせいで、経済成長の足を引っ張ってしまう事態が発生する。だから、そうならないように継続して高い成長を維持するためには、十分な投資と、投資を支えられる高い貯蓄率が必要になる。

高度成長期の理論は今の日本には当てはまらない

裏を返すと、高い貯蓄率が必要なのは、資金需要が旺盛で投資が不足していたからであって、「貯蓄率」だけが高くなっても経済成長ができるわけではない。ソフトバンク社債を1%台の金利で発行できるような超低金利状態の日本で、一般的に資金調達に困るような状況っていうのは考えにくいわけで、投資が行われないのは、そもそも需要がないからっていうところに行き着くのではないかと思う。

それを「高い貯蓄率が経済成長を支える」という部分だけ切り取って、今の日本には当てはめようとすると、うまくいかない可能性が高い。

これまでの経済理論をコンテキストを無視して当てはめようとしてうまくいっていないのが、最近の経済論議なんじゃないかな。

人口減で需要が減っている中でデフレになるのは、必然だと思うのだけど。

老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき (中公新書 1914)

老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき (中公新書 1914)

なぜ、今グローバルなのか?

楽天が社内公用語を英語にして、さらに決算発表会を英語で開催して話題になっている。けれども、今、グローバル企業へ脱皮する必要があるのはなぜなのか?

最悪期まであと2年! 次なる大恐慌―人口トレンドが教える消費崩壊のシナリオを読んでみてやっとわかってきた。

出生数と「支出の波」

この本で筆者は、人口トレンドを見れば将来の需要の変化(つまり景気)を予測できるといっている。
例えば、アメリカの一般的な家庭だと37〜42歳頃に子供が大きくなって家を買い替える。これを人口トレンドに照らして、37〜42歳の世代が最も多くなる時期、つまり、ベビーブーマーが37〜42歳になる2005年頃が住宅需要のピークになり、米国の住宅バブルを発生させたと説明している。

一般的な支出は、筆者によると、48歳頃に最も大きくなるので、出生数のグラフを48年ずらすと、需要の変化を予測できるらしい。

本に載っているグラフをスキャンして載せるわけにはいけないので、日本のグラフを作ってみた。

日本の出生数

厚生労働省の公開しているデータ*1から作成。1944年〜1946年のデータがなく戦死者数も考慮していないので、ちょっといい加減

支出の波

出生数のグラフを48年ずらして作成した「支出の波」。日本では90年代後半がピークになっている。

ネットを調べてみると、このグラフと一致するものがけっこうある。

どちらも、出版不況、小売り不況、あるいは「若者の活字離れ」、「若者のビール離れ」といった言われ方をするけれど、本質的には少子化による需要の現象なのだろう。

日本は内需中心

ところで、パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)にもあったけれど、日本は他の国と比べて内需の占める割合が多い。

日本の輸出依存度は、サプブライムの前に15%を超えたけど、それまでは10%前後しかなかった。*2

だから、企業として成長の望めない日本市場だけを相手にしているわけにはいかないのは、当然なのだろう。

自分が勤めている会社は、かなりドメスティックな企業。それでもグローバル市場で売り上げを伸ばすことが目標になっている...いったいどうなるんだろう?

Nokiaの戦略

明日の授業のために、ノキアNokia)のケースの予習中...

今まで知らなかったのだけど、Nokiaはもともと紙やタイヤ、ケーブルを主力製品にしていた企業だった。
1970年代の戦略として成長分野である電子機器に進出して、この時期に、軍からPortable Radio Telephoneの発注を受ける。
その後1983年から、Salora(フィンランドの家電企業)、Televa(フィンランドの電気通信企業)、Ocianic(フランスの家電企業)、Standard Electric Lorenz(SEL: 西ドイツの家電企業)を次々に買収して成長。このときの主力製品はテレビでPhilips(オランダ)やThompson(フランス)とヨーロッパ市場で競合していた。
その後、日本や韓国からの製品に押されて家電事業が苦しくなるのだけれど、1992年頃から事業の主軸を携帯電話と通信機器に移して今に至る。

ヨーロッパの国際企業

Nokiaフィンランドの企業なのだけれど、買収を繰り返した結果ヨーロッパの事業規模が大きくなって、実質的な本部機能をジュネーブ(スイス)に置いていたらしい(今はどうなのか不明)。これは、フィンランドスカンジナビアの市場規模が小さいことから戦略として国際展開が必要だったからなのだけど、どうやって多国籍企業の経営を行っているのだろう?言語は?
日本で例えると、シャープが韓国の企業と中国の企業を買収して、実質的な本部機能を一番市場の大きい中国に置くようなもの。日本企業が、こういった形のグローバル企業を運営できるかというと、難しいと思う。日本企業の海外子会社や、外資系企業の日本子会社はあっても、そのどちらでもないような無国籍のグローバル企業は成立し得ないのではないかと思う。
これには、言語が関係していると思っていて、英語が共通言語として使えるヨーロッパと、それぞれの国が強い自国語を持っている東アジアの国では、状況が違うのだと思う。

地元では強い

Nokiaは、本拠地の北欧ではシェアが大きく、利益を稼いでいた。
これは日本でも当てはまると思う。海外に出ると、日本とはモノの作り方やパッケージングやいろいろなところが違うと気づく。NokiaやEricssonが日本でシェアを取れなかったように、日本企業にとっても地の利というのはかなり大きいんじゃないかと思う。これがいいのか悪いのかは別にして。

選択と集中

Nokiaは成長分野にリソースを集中させて、非採算分野を切り捨てた結果、事業内容がまるで変わってしまった。
日本企業はこういったことがうまくできないと思う。最近、負け組同士を組み合わせた合弁企業が増えているようなきがするのは気のせい?